『名詞』の分類4種類を徹底解説!中学受験の品詞分類に強くなろう

名詞分類

中学受験で知っておきたい10の品詞についてはコチラの記事で解説しました。小学生のうちに知っておきたい品詞は、動詞・形容詞・形容動詞・名詞・副詞・連体詞・接続詞・感動詞・助詞・助動詞の10コです。

ここではその中の「名詞」について、もう少し詳しく説明します。

名詞は4種類

  • 固有名詞
  • 数詞
  • 代名詞
  • 普通名詞

名詞には4種類あります。やっと10の品詞を覚えたーと思ったら、さらに4種類。子どもには追い打ちをかける形となってしまいますが、頑張りましょう。

ただし、受験で直接問われることは少ないので、あまりのめりこみ過ぎないように。基本的なことが分かればOKです。

固有名詞:1つしかないものの名前

固有名詞

1つしかないものの名前を固有名詞と言います。富士山、日本、天海ハルカ(私の名前です)……「それだけの固有の名前」が固有名詞です。

これが基本的な説明ですが、子どもたちはたいがい納得してくれません。「同じ名前の人がいたらー?」と言うんですよね。説明が難しいところです。

人名、地名、タイトルなどを指します。商品名もそうですね。細かい分け方を覚えなくても、まずはこの3つが分かっていればOKです。

ですが、もう少し詳しく知りたいと言う子供も少なくありません。

そんな時、固有名詞は「英語にできない」ものが多いという話をします。たとえば「山=mountain」ですが「富士山=Fuji Mountain(Mt.Fuji)」ですね。100%の説明ではありませんが、イメージの強化に役立ってくれています。

数詞:数える名詞

数詞

漢字から分かる通り、数に関する名詞です。「1本、2年、3回、10枚、100人」などがあります。

ポイントは「数」ではなく、「数える」ものと考えることです。「何本、何年、何回」といった数が分からないものも含めるからです。また、「三角形」や「十字架」のように数が含まれていても数詞にならない名詞もあります。

数詞=数える名詞と覚えましょう。

代名詞:名前の代わり

代名詞

名前の代わりに使う名詞を代名詞といいます。名詞とは別の品詞と言われることが多いのですが、中学受験レベルでは名詞の1つで応用知識と考えて良いでしょう。

「私、あなた、ここ、あれ」などがあります。名前を使わずに何かを指すときに使う名詞です。

注意したいのは、「あれ」は代名詞でも「あの」は代名詞ではないということです。子どもたちは「こそあど言葉」というグループを知っているため、ひとくくりにしてしまい間違えてしまいます。

復習ですが、名詞の特徴は「主語になれること」です。「あの」は主語になれないので、名詞ではないのです。(連体詞です!)

問題集などで間違えることが多いので見てあげてくださいね。

普通名詞:その他の名詞

普通名詞

普通の、一般的な名詞です。

と言われても、見分けられませんよね。だから、「名詞の中で、固有名詞でも数詞でも代名詞でもないもの」と覚えましょう。消去法で残ったものです。

見分け方~普通名詞とそれ以外

名詞の種類の見分け方は、順番さえ覚えれば簡単です。

まずは「数詞」かを考えます。それから「代名詞」かどうか。どちらでもなければ「固有名詞」かどうか考えましょう。残ったものは「普通名詞」です。

4種類の特徴さえつかめれば、名詞の見分け方も難しくありません。

  1. 数える名詞「数詞」?
  2. 名前の代わり「代名詞」?
  3. 1つしかない名前「固有名詞」?
  4. 残ったものは「普通名詞」!

まとめ

品詞分類は例外こそありますが、基本的には特徴さえ覚えればルールに基づいてできるものです。「国語は得意だけど品詞分類は苦手」という子やその逆も多い分野です。

単独で勉強できるので、まずは一通り勉強して練習してみましょう。その後は問題で出てきて解けなかったときに見直すくらいでOKです。

完璧を求めず、だいたいできれば大丈夫と思って肩の力を抜いてくださいね。

コメントはこちらへどうぞ